PPL5

セッション「PPL5」の内容を紹介します.

発表者による宣伝,ご議論などには以下のハッシュタグをご利用下さい.
#jssst2013 #jssst2013ppl

PPL5: 9月13日 15:00〜17:30,工学部2号館4階241号室

1. BiFlux: A Bidirectional Functional Update Language for XML(ザントオ)

ザントオ (総合研究大学院大学)
ウゴパチェコ (国立情報学研究所)
胡振江 (国立情報学研究所)

2. LMNtalにおけるグラフ書換え操作のCoqによる形式化(信夫裕貴)

信夫裕貴 (早稲田大学大学院基幹理工学部研究科情報理工学専攻)
田辺良則 (国立情報学研究所)
上田和紀 (早稲田大学理工学術院情報理工学科)

3. ラムダ計算の型問題を支配する本質的情報について(藤田憲悦)

藤田憲悦 (群馬大学)

4. 閉包操作に基づく項書き換えシステムの到達可能性判定(四方駿作)

四方駿作 (東北大学電気通信研究所)
青戸等人 (東北大学電気通信研究所)
外山芳人 (東北大学電気通信研究所)

5. 自動検証のためのプログラム変換(佐藤洸一)

佐藤洸一 (東北大学 電気通信研究所)
菊池健太郎 (東北大学 電気通信研究所)
青戸等人 (東北大学 電気通信研究所)
外山芳人 (東北大学 電気通信研究所)

PPL4

セッション「PPL4」の内容を紹介します.

発表者による宣伝,ご議論などには以下のハッシュタグをご利用下さい.
#jssst2013 #jssst2013ppl


PPL4: 9月13日 9:00〜11:30,工学部2号館4階241号室

1. 永続性と減少ダイアグラム法に基づく合流性証明法(内田和真)

内田和真 (東北大学電気通信研究所)
青戸等人 (東北大学電気通信研究所)
外山芳人 (東北大学電気通信研究所)

2. 定性空間表現PLCAのモデル化と妥当性の証明について(後藤瑞貴)

後藤瑞貴 (関西学院大学理工学部)
高橋和子 (関西学院大学理工学部)

3. グラフ書換え系におけるグラフ構造の効率的な一意バイト列生成手法(宮原和大)

宮原和大 (早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工学専攻)
上田和紀 (早稲田大学理工学術院情報理工学科)

4. A Parameterized Graph Transformation Calculus for Finite Graphs with Monadic Branches(浅田和之)

浅田和之 (東京大学)
日高宗一郎 (国立情報学研究所)
加藤弘之 (国立情報学研究所)
胡振江 (国立情報学研究所)
中野圭介 (電気通信大学)

特別招待講演:海野 広志

Automating Relatively Complete Verification of Higher-order Functional Programs

海野 広志(筑波大学)

POPL 2013で発表

ここをクリックして論文の情報を検索

PPL3

セッション「PPL3」の内容を紹介します.

発表者による宣伝,ご議論などには以下のハッシュタグをご利用下さい.
#jssst2013 #jssst2013ppl


PPL3: 9月12日 9:00〜11:30,工学部2号館4階241号室

1. A Type Class for Bidirectionalization – Or, a Light-Weight Approach to the View-Update Problem(松田一孝)

松田一孝 (東京大学)
Meng Wang (Chalmers University of Technology )

2. 段階的計算における最適なステージ化プログラム生成の自動化(清水春樹)

清水春樹 (筑波大学システム情報工学研究科)
亀山幸義 (筑波大学システム情報工学研究科)

3. 構文主導型データフロー解析の並列実装(佐藤重幸)

佐藤重幸 (電気通信大学)
森畑明昌 (東北大学 電気通信研究所)

4. 多段階計算λのための越段階埋込(五十嵐淳)

花田裕一朗 (京都大学)
五十嵐淳 (京都大学)

特別招待講演:末永 幸平

Type-Based Safe Resource Deallocation for Shared-Memory Concurrency

末永 幸平(京都大学 白眉センター)

OOPSLA 2012で発表

ここをクリックして論文の情報を検索

PPL2

セッション「PPL2」の内容を紹介します.

発表者による宣伝,ご議論などには以下のハッシュタグをご利用下さい.
#jssst2013 #jssst2013ppl


PPL2: 9月11日 15:30〜18:00,工学部2号館4階241号室

特別招待講演:井上 拓

Adaptive Multi-Level Compilation in a Trace-based Java JIT Compiler

井上 拓(日本IBM東京基礎研究所)

OOPSLA 2012で発表

ここをクリックして論文の情報を検索

2. 変数参照関係を用いた関数型プログラムのコードリーディング支援(百足勇人)

遠藤誠典 (東北大学)
百足勇人 (東北大学)
森畑明昌 (東北大学)
上野雄大 (東北大学)
大堀淳 (東北大学)

3. ドメイン特化言語処理系実装支援ライブラリのメタプログラミングによる設計と実装(塩田雅人)

塩田雅人 (電気通信大学大学院情報理工学研究科)
岩崎英哉 (電気通信大学大学院情報理工学研究科)

4. MethodとEvent、Advice、およびBehaviorを統合する言語機構(莊永裕)

莊永裕 (東京大学情報理工学系研究科創造情報学専攻)
千葉滋 (東京大学情報理工学系研究科創造情報学専攻)

5. Scala 上で実現されたSAT型制約プログラミングシステムのための開発ツール Scarab について(宋剛秀)

宋剛秀 (神戸大学情報基盤センター)
番原睦則 (神戸大学情報基盤センター)
田村直之 (神戸大学情報基盤センター)
Daniel Le Berre (CRIL-CNRS, UMR 8188, Université d’Artois)
Stéphanie Roussel (CRIL-CNRS, UMR 8188, Université d’Artois)

 

PPL1

セッション「PPL1」の内容を紹介します.

発表者による宣伝,ご議論などには以下のハッシュタグをご利用下さい.
#jssst2013 #jssst2013ppl


PPL1: 9月11日 9:30〜11:30

1. パッキング配列問題の制約モデリングとSAT符号化(則武治樹)

則武治樹 (神戸大学大学院システム情報学研究科)
番原睦則 (神戸大学情報基盤センター)
宋剛秀 (神戸大学情報基盤センター)
田村直之 (神戸大学情報基盤センター)
井上克巳 (国立情報学研究所情報学プリンシプル研究系)

2. Formalization of the Qualitative Spatial Reasoning of Superposition of Rectangles in Proof Assistant(ゴーラビファドワ)

ゴーラビファドワ (関西学院大学理工学部)
高橋和子 (関西学院大学理工学部)

3. 多元宇宙多相型代数理論(浜名誠)

浜名誠 (群馬大学理工学研究院),Marcelo Fiore

4. Efficient Query Evaluation on Distributed Graph with Hadoop Environment(レドゥックドゥン)

レドゥックドゥン (総合研究大学院大学(総研大))
Quyet Nguyen-Van (Hung Yen University of Technology and Education, Vietnam)
胡振江 (国立情報学研究所)

PPLサマースクール

日本ソフトウェア科学会の大会のお馴染みの行事となりましたPPL研究会主催のサマースクールが今年もやってきます.内容は,東京大学の小林直樹先生による高階モデル検査とその応用です.

以下,サマースクールのページから簡単に抜粋:

モデル検査は、ハードウェアやソフトウェアの自動検証のための有望な技術として注目を集め、近年産業界にも応用が進んでいる。本チュートリアルでは、通常のモデル検査の拡張としてここ数年研究レベルで注目を集めている「高階モデル検査」とその応用について解説する。

関心のある方は,さらに詳しい内容をごらん下さい.

参加無料.申し込みは大会のフォーム(現在準備中)を通してお願いいたします.