9/12の予定

9/10の予定9/11の予定9/12の予定9/13の予定


一般3: 9月12日 9:00〜11:30

一般3–1: ハイブリッドシステム制約言語HydLaの数式処理実行系へのアフィン演算の導入(松本翔太)

松本翔太 (早稲田大学基幹理工学研究科情報理工学専攻)
上田和紀 (早稲田大学理工学術院情報理工学科)

一般3–2: 最強事後条件の計算を用いたハイブリッドオートマトンの帰納的検証(石井大輔)

石井大輔 (東京工業大学)
Guillaume Melquiond (INRIAサクレ / パリ第11大学)
中島震 (国立情報学研究所)

特別招待講演:我妻広明

Extending the World to Sense and Behave: A Supportive System Focusing on the Body Coordination for Neurocognitive Rehabilitation

我妻広明(九州工業大学)

COGNITIVE 2012で発表

ここをクリックして論文の情報を検索

一般3–4: FMEAとモデル検査を組合せた高信頼設計プロセスの提案(若林昇)

若林昇 (株式会社日立製作所 横浜研究所)
吉岡信和 (国立情報学研究所 GRACEセンター)

一般3–5: 情報制御システムに対するSPINを用いた

段階的モデル検査手法(小山恭平)

小山恭平 (茨城大学)
小飼敬 (茨城工業高等専門学校)
上田賀一 (茨城大学)
山形知行 (株式会社 日立製作所)
武澤隆之 (株式会社 日立製作所)


PPL3: 9月12日 9:00〜11:30

PPL3–1: A Type Class for Bidirectionalization – Or, a Light-Weight Approach to the View-Update Problem(松田一孝)

松田一孝 (東京大学)
Meng Wang (Chalmers University of Technology )

PPL3–2: 段階的計算における最適なステージ化プログラム生成の自動化(清水春樹)

清水春樹 (筑波大学システム情報工学研究科)
亀山幸義 (筑波大学システム情報工学研究科)

PPL3–3: 構文主導型データフロー解析の並列実装(佐藤重幸)

佐藤重幸 (電気通信大学)
森畑明昌 (東北大学 電気通信研究所)

PPL3–4: 多段階計算λのための越段階埋込(五十嵐淳)

花田裕一朗 (京都大学)
五十嵐淳 (京都大学)

特別招待講演:末永 幸平

Type-Based Safe Resource Deallocation for Shared-Memory Concurrency

末永 幸平(京都大学 白眉センター)

OOPSLA 2012で発表

ここをクリックして論文の情報を検索


rePiT: 9月12日 9:00〜11:30

特別講演: 楠本真二

分野・地域を越えた実践的情報教育協働ネットワークenPiTの概要

楠本真二(大阪大学大学院情報科学研究科)

rePiT–2: 模擬案件と実案件を組み合せたシステム構築PBLカリキュラムの開発(伊藤恵)

伊藤恵 (公立はこだて未来大学)
木塚あゆみ (公立はこだて未来大学)
奥野拓 (公立はこだて未来大学)
大場みち子 (公立はこだて未来大学)

rePiT–3: Cloudbauhaus: 東京工業大学における実践的IT人材育成の試み(小林隆志)

小林隆志 (東京工業大学大学院情報理工学研究科)
権藤克彦 (東京工業大学大学院情報理工学研究科)
佐伯元司 (東京工業大学大学院情報理工学研究科)
首藤一幸 (東京工業大学大学院情報理工学研究科)
田中康 (東京工業大学大学院情報理工学研究科,奈良先端科学技術大学院大学)
西崎 真也 (東京工業大学大学院情報理工学研究科)
森本 千佳子 (東京工業大学大学院情報理工学研究科)
米崎 直樹 (東京工業大学大学院情報理工学研究科)
脇田 建 (東京工業大学大学院情報理工学研究科)
渡部 卓雄 (東京工業大学大学院情報理工学研究科)

rePiT–4: ビジネスアプリケーション分野における

実践型PBLプログラム(酒森潔)

酒森潔 (産業技術大学院大学)
中鉢欣秀 (産業技術大学院大学)
川田誠一 (産業技術大学院大学)

rePiT–5: 筑波大学における enPiT-BizApp への取り組み(早瀬康裕)

早瀬康裕 (筑波大学システム情報系情報工学域)
嵯峨智 (筑波大学システム情報系情報工学域)
渡辺知恵美 (筑波大学システム情報系情報工学域)
河辺徹 (筑波大学システム情報系情報工学域)
北川博之 (筑波大学システム情報系情報工学域)
三末 和男 (筑波大学システム情報系情報工学域)

rePiT–6: Cloud Spiral の取り組み(中村匡秀)

中村匡秀 (神戸大学大学院システム情報学研究科)
井垣宏 (大阪大学大学院情報科学研究科)
佐伯幸郎 (神戸大学大学院システム情報学研究科)
松本真佑 (神戸大学大学院システム情報学研究科)
楠本真二 (大阪大学大学院情報科学研究科)
上原邦昭 (神戸大学大学院システム情報学研究科)
井上克郎 (大阪大学大学院情報科学研究科)

rePiT–7: 情報セキュリティ人材育成プログラムSecCapの取り組み(猪俣敦夫)

猪俣敦夫 (奈良先端科学技術大学院大学)
大平健司 (奈良先端科学技術大学院大学)
松浦知史 (奈良先端科学技術大学院大学)
奥田剛 (奈良先端科学技術大学院大学)
門林雄基 (奈良先端科学技術大学院大学)
山口英 (奈良先端大)
藤川和利 (奈良先端大)
曽根秀昭 (東北大学)
砂原秀樹 (慶應義塾大学)
宮地充子 (北陸先端科学技術大学院大学)
後藤厚宏 (情報セキュリティ大学院大学)

rePiT–8: コンテストチャレンジ型組込みシステム開発 PBL カリキュラムの開発(久住憲嗣)

久住憲嗣 (九州大学)
細合晋太郎 (九州大学)
渡辺晴美 (東海大学)
元木誠 (関東学院大学)
小倉信彦 (東京都市大学)

rePiT–9: 全国調査を通じた実践的な情報教育の実態と課題の明確化(吉岡信和)

吉岡信和 (国立情報学研究所)
櫻井浩子 (国立情報学研究所)
西村一彦 (株式会社ボイスリサーチ)

rePiT–10: プロジェクト型演習に基づく実践的IT講座における共通性の分析と教育効果の評価(鷲崎弘宜)

鷲崎弘宜 (早稲田大学基幹理工学部情報理工学科)
伊永祥太 (早稲田大学基幹理工学部情報理工学科)
山田佑輔 (早稲田大学基幹理工学部情報理工学科)
筧捷彦 (早稲田大学基幹理工学部情報理工学科)
深澤良彰 (早稲田大学基幹理工学部情報理工学科)
山戸 昭三 (筑波大学)
大久保 雅司 (NECラーニング株式会社)


萌芽4: 9月12日 9:30〜11:30

萌芽4–1: An Experimental Implementation of Self-adjusting Bidirectional Transformations(Vo Huu Phuc)

Vo Huu Phuc (国立大学法人 総合研究大学院大学(総研大))
加藤弘之 (国立情報学研究所)
日高宗一郎 (国立情報学研究所)
胡振江 (国立情報学研究所)

萌芽4–2: 「攻撃者目線」で学べるシステムセキュリティ実践的学習環境の提案(中島滉介)

中島滉介 (公立はこだて未来大学システム情報科学部情報アーキテクチャ学科)
伊藤恵 (公立はこだて未来大学システム情報科学部情報アーキテクチャ学科)
新美礼彦 (公立はこだて未来大学システム情報科学部情報アーキテクチャ学科)

萌芽4–3: 高信頼なシェルスクリプトD-Shellの提案(関口渚)

関口渚 (横浜国立大学)
井出真広 (横浜国立大学)
倉光君郎 (横浜国立大学)

萌芽4–4: オブジェクト指向プログラミングにおける内部状態を考慮したテストケース自動生成手法(高松宏樹)

高松宏樹 (北海道大学大学院情報科学研究科)
佐藤晴彦 (北海道大学大学院情報科学研究科)
小山聡 (北海道大学大学院情報科学研究科)
栗原正仁 (北海道大学大学院情報科学研究科)


招待講演 関数型言語SML#の開発 – 我が国のソフトウェア産業新生へのささやかな貢献を目指して –

大堀 淳(東北大学 電気通信研究所 教授)

高信頼ソフトウエアを高い生産性をもって開発することができるプログラミング言語は,ソフトウェア産業新生の一つの可能性を与えると信じている.また,そのようなプログラミング言語を独自にスクラッチから開発する能力の維持は,ソフトウェア技術を産業の基軸の一つと位置づける我が国の枢要な課題といえる.我々が20年以上に亘って進めている関数型高信頼言語SML#の研究開発は,学術的な貢献に加え,我が国のソフトウェア産業新生へのささやかな貢献を願ってのものである.現在,SML#開発当初に目標としたほぼすべての機能を実現することに成功し,その応用の可能性を探るべく,産学連携プロジェクトを開始している.本講演では,SML#の機能およびその開発過程で構築した理論や技術を概観したのち,SML#を活用した実際のソフトウェア開発プロジェクトを紹介しながら,ソフトウェア生産言語としてのSML#の可能性と展望を論じる.
SML#の研究開発は,上野雄大氏(東北大学 電気通信研究所)との共同研究である.
SML#を活用したソフトウェア開発プロジェクトはNECソフトウエア東北株式会社殿との共同研究である.


rePiTポスター

rePiT–1: 全国調査を通じた実践的な情報教育の実態と課題の明確化 (吉岡信和,櫻井浩子,西村一彦)
rePiT–2: 模擬案件と実案件を組み合せたシステム構築PBLカリキュラムの開発 (伊藤恵,木塚あゆみ,奥野拓,大場みち子)
rePiT–3: Cloud Spiral の取り組み (中村匡秀,井垣宏,佐伯幸郎,まつ本真佑,楠本真二,上原邦昭,井上克郎)
rePiT–4: Hardware and Software Design of a Mini Cloud for Experiments with Virtualization in Classes (ザニケエフ・マラット,小出洋)
rePiT–5: 筑波大学における enPiT-BizApp への取り組み (早瀬康裕,嵯峨智,渡辺知恵美,河辺徹,北川博之,三末 和男)

一般デモ・ポスター

一般–1: Simplifying the Implementation of Fast Java EDSLs by Using Metaprogramming Techniques (Maximilian Pascal Scherr,千葉滋)
一般–2: 高速な多次元配列操作のための型検査方式の検討 (八杉昌宏)
一般–3: Coq によるセキュリティプロトコルの実装の検証 (アフェルトレナルド,坂口和彦)
一般–4: 分散処理向けXMLパースライブラリ開発 (川村高之,前田秀樹,松崎公紀)
一般–5: JavaScriptのプログラム可視化を用いたデバッガ (徐駿剣,脇田建)
一般–6: OCamlのシェルプログラミングのための安全な領域特化言語の提案 (朝倉泉,青谷知幸,増原英彦)
一般–7: TT-liftingによる模倣関係・双模倣関係 (佐藤哲也)

DSWデモ・ポスター

DSW–1: 仮想AMTを用いた仮想マシンとPCの一元管理 (大薗弘記,光来健一)
DSW–2: Java PathFinderを使用したOpenFlowコントローラのモデル検査 (穂浪勇利,田辺良則,萩谷昌己)
広告